特色に合わせた葬儀案内|身内限定家族葬でおくろう

葬儀

葬儀のありかた

気をつける事

葬儀

一般葬は、故人と生前関わりのあった方や、遺族の知り合いなどか、通夜や葬儀に参列して故人を偲んでいただきます。 家族葬は、故人や遺族と関わりのある方の参列を断り、家族や親族だけで葬儀を執り行います。 故人が生前に、社会的な人脈を多く持っていたり、人望がある方なら、家族葬が終わってから自宅の方へ、次々と訪問されます。 遺族の方も応対で疲れてしまう事も多々ありますので、どの方あたりまで伝えるか慎重に検討することが大事です。 葬儀が終わると悲しみに浸っている間もなく、手続き等で慌ただしくなりますので、お参りに訪れる方の人数も抑えたいものです。 心身ともに不安定な状態に陥り易くなりますので、休息を十分とることが必要です。

よい点

家族葬は、一般の知り合いを呼ばないで、家族や親族だけで葬儀を行いますので、気を使わずにすみます。 家族、親族だけでゆっくりと故人を偲ぶことができます。 家族葬は事前に来られる人数も把握することができますので、予算もたてやすくなります。 形式的にこだわらず、故人が生前に葬儀の希望を伝えていれば、沿うこともできます。 僧侶を呼んで高い供養を支払う事も、故人の遺志で省く家族が増えてきています。 家族や親族が納得できるスタイルで執り行う事が大切です。 家族葬は、故人との最後の別れを、ゆったりとした気持ちで偲び、冥福を祈ります。 一般葬のように、参列者に気遣いする必要もなく、故人の思い出を家族親族だけで偲びます。 家族葬は、これから益々多く行われる傾向です。